要項

要項

国際バレエアワード2019 スケジュール 並びに 要項

【開催日】2019年8月28日(水)
【会場】浜離宮朝日ホール ※会場が変更になりました。詳細は、メニューよりブログの「開催場所が変更になりました」をご確認ください。〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社 新館2F
TEL:03-5541-8710 FAX:03-5541-8705

【出場規定】
1. 作品は、公開審査に耐え得るもの。
2. 年齢制限(年齢は2019年4月1日現在) 国籍を問いません。
Pre-Competitive(児童)部門  5歳~10歳
Junior(ジュニア)部門  11歳~14歳
Senior(シニア)部門  15歳~28歳
3.演技時間 クラシック作品より選曲し、Pre-Competitive(児童)部門は2分以内、Junior(ジュニア)部門・Senior(シニア)部門は3分以内とします。曲内の途中カット、演技時間の超過は認めません。指定時間内で選曲下さい。Junior(ジュニア)・Senior(シニア)部門のコンテンポラリー自作品曲は2分30秒以内。
Pre-Competitive(児童)部門は、オーロラ1・2・3幕、金平糖、オディール、エスメラルダ(タンバリン)、グラン・パ・クラシック、パキータエトワールの選曲を除きます。クラシックにおいて、近年の振付家による改訂版等(例 G.バランシン、F.アシュトン、P.ライト、Y.グリゴロヴィッチ等)、著作権所有者による上演許可(や年齢基準)や著作権料を必要とする作品があります。これらに関し、国際バレエアワード、一般社団法人国際バレエアソシエーションは責任を負いません。各自で申請、支払いする等、処理、解決下さい。クラシック作品で出場後、著作権料が発生した例も国内であります。コンテンポラリー作品も同様。上記規定等に違反のあった場合は、減点、失格とします。
4.ソロヴァリエーション(クラシック女性はポアント審査)のみとします。但し、Pre-Competitive(児童)部門出場者は、バレエシューズ審査といたします。
5.審査は、舞台メイクと衣装無し、レオタードでの審査を行います。
男性:濃い色のタイツ(色は自由)、体にフィットした白のTシャツを着用。
女性:肌色、もしくはピンクのタイツ、袖なし、無地のスカート無しレオタードを着用(色は自由)。希望者(女性)には、スカートの着用を認めます。(練習用チュチュ)クラシック・ロマンティックボンの使用可。

6.コンテンポラリー課題曲(中村恩恵振付)、自由曲より選択可、審査・装いは以下。

※課題曲:審査当日、舞台上で中村恩恵先生より、作品説明、アドバイスあり。課題曲申し込み者には、7月初旬に課題曲動画をメールにて送信差し上げます。

◎課題曲ジュニア

男性:濃い色のタイツ(色は自由)、体にフィットした白のTシャツを着用。女性: 黒、もしくはピンクのタイツ、レオタード(色は自由)、無地のスカートを着用。男女ともにバレエシューズ

◎課題曲シニア

・課題曲Ⅰ・・・男性:黒パンツ、もしくは濃い色のタイツ(色は自由)、体にフィットしたTシャツ(色は自由)を着用。女性:黒タイツ、レオタード(色は自由)を着用。男女ともにバレエシューズ

・課題曲Ⅱ・・・男性:濃い色のタイツ(色は自由)、体にフィットした白のTシャツ(色は自由)を着用。女性:黒、もしくはピンクのタイツ、レオタード(色は自由)、無地のスカートを着用。女性  ポアント、男性 バレエシューズ

◎自由曲

出場者に任意(但し、衣装ではなく、練習着に伴う装いであること)。

 

【審査料】

クラシック1曲 25,000円、コンテンポラリー1曲 25,000円  ※両部門申込者審査料 45,000円

 

【スカラシップ/入学・入団オーディション】

10,000円、当日審査前に舞台上で行います。

アカデミー入学(短期・年間)のオーディション、バレエ団入団オーディション、講習会・国際コンクールの参加権(スカラシップを含む)/

アカデミー入学の対象年齢は11歳から。講習会・国際コンクールの対象年齢は原則9歳からですが、主催もとによってそれぞれ異なる場合があります。

詳しくはメールでお尋ねください。

 

【表彰式】

表彰式は、行いません。入賞者賞状は審査終了ごとに受付にて授与、オーディション結果はホームページにて掲載し、奨学金は送金いたします。

 

【音源・伴奏】
1. 音源は、1メールにつき1曲、WAVファイル形式(MP3形式も可)で、6月20日〜6月30日までにoffice@iba-jp.netへ送信ください。スタートと同時に音が出るように録音ください。
メールに、出場者の①フルネーム、②部門、③出場曲、④演技時間、⑤出方(上手か下手)⑥音先、板付、Q有・無を記載ください。当日予備用にCD-Rをご用意下さい。
2. 予備用音源 CD-Rとし、650MB(74分)、または、700MB(80分)に限ります。CD-RWやDVDは使用できません。ファイル形式(MP3、ACCなど)で書き込まれた音源は再生できませんので、必ず一般のCDプレーヤーで再生できることを確認してください。1枚のCD-Rに1曲のみ録音ください。
3. 音先行の場合は、アナウンス終了後、すぐに曲が流れます。音先行以外 Q出しを望む出場者は、場当たり時に、舞台監督が打ち合わせを行い、舞台監督が合図を出します。原則として、該当部門の場当たり、全部門審査中、該当部門演技前後の出場者以外の幕内への立ち入りは出来ません。
4. 10曲前より袖に入ってください。演技終了後、レベランスはありません、速やかに袖に入り、幕内から退出ください。
5. 規定に従って作成された音源でも、予期せぬ理由でエラーが発生する可能性があります。万が一発生した場合は、予めご了承ください。

【その他】
1. 出場曲の変更 締切日を過ぎましたら、一切の変更は認めません。
2.棄権する場合は、開催日前日までに、必ず事務局へ連絡下さい。
3.出場者の氏名や都道府県・区市町村を含む結果、演技中の画像および動画は、コンクール広報などに使用します。氏名を公表する際、旧字体を新字体に変換する場合があります。ご了承ください。
4.審査データは、本審査当日会場でお渡しします。

5. 板付後に音出し以外で、音きっかけに特別な希望がある方は、審査日受付で「場当たり時に舞台監督と打ち合わせを希望」とお伝えください。ご希望に添い、舞台監督がきっかけを出しますが、保証の限りではありませんことをご了承ください。

【出場キャンセル】
キャンセルは、受け付けませんので、欠場の連絡をお願いします。また、一度納めた審査料は返金しません。

【諸注意】
1. 出場規定・時間割をホームページに掲載します。
2. 会館の使用規定を守ってください。