Megumi Nakamura

中村 恩恵 舞踊家、振付家

1988年ローザンヌ国際バレエコンクール・プロフェッショナル賞受賞。フランス・ユースバレエ、アヴィニオンオペラ座、モンテカルロバレエ団を経て、91~99年ネザーランドダンスシアターに所属。退団後はオランダを拠点に活動。00年自作自演ソロ「Dream Window」にて、オランダGolden Theater Prize受賞。01年彩の国さいたま芸術劇場にてイリ. キリアン振付「ブラックバード」上演、ニムラ舞踊賞受賞。07年に日本へ活動の拠点を移し、Noism07「Waltz」(舞踊批評家協会新人賞受賞)、Kバレエカンパニー「黒い花」を発表する等、多くの作品を創作。新国立劇場バレエ団DANCE to the Future 2013では、08年初演の「The Well-Tempered」、新作「Who is “Us”?」を上演。09年に改訂上演した「The Well-Tempered」、「時の庭」を神奈川県民ホール、「Shakespeare THE SONNETS」、「小さな家 UNE PETITE MAISON」を新国立劇場で発表、KAAT神奈川芸術劇場「DEDICATED」シリーズ(首藤康之プロデュース公演)には、「WHITE ROOM」(イリ・キリアン監修・中村恩恵振付・出演)、「出口なし」(白井晃演出)等初演から参加。首藤との創作活動を積極的に行っている。また、キリアン作品のコーチも務め、パリオペラ座をはじめ世界各地のバレエ団や学校の指導にあたる。11年第61回芸術選奨文部科学大臣賞受賞、13年第62回横浜文化賞受賞、15年第31回服部智恵子賞受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です