Makoto Urawa

うらわ まこと

舞踊評論家。松蔭大学教授(経営学)
1950年に戦後初のバレリーナ松尾明美の相手役として「ジゼル」、「コッペリア」、「白鳥の死」など多くの古典全幕や創作作品を踊り、その後舞踊評論に。
芸術祭、芸術選奨、海外。国内研修員など多くの文化庁関係および芸術文化振興基金の審査委員、選考委員を歴任。松山バレエ団、橘秋子記念財団、服部智恵子、江口隆哉、河上鈴子、中川鋭之助などの賞の選考委員、全国(東京新聞)、こうべ全国、埼玉、北九州などの各種コンクール審査委員。オン・ステージ新聞、バレリーナヘの道、ダンスマガジンの他、東京新聞はじめ各地の新聞、雑誌に寄稿している。新国立劇場舞踊専門委員、評価委員を務めた。(社)全国公立文化施設協会の事業活性アドヴァイザーとして、セミナーやワークショップの企画・実施、機関誌への執筆や、ビデオの解説書の作成などを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です