Koichi Kubo

第6回モスクワ国際バレエコンクールでトップの成績を16歳でジュニア・シニア男女合同で獲得し、のち渡米。

久保綋一  NPO法人 NBAバレエ団芸術監督

第6回モスクワ国際バレエコンクールでトップの成績を16歳でジュニア・シニア男女合同で獲得し、のち渡米。ボストンバレエ団のゲストダンサーなどを経てコロラドバレエ団のプリンシパルとして迎えられた。以来20年間同団のプリンシパルとしてすべての公演に主演した。ニューヨーク公演ではNYタイムスで『完璧なるバレエの巨匠』と言われるなど、ダンスクラシックの精神を体現している舞踊家として、日本人では初めてダンスマガジンの表紙を飾り、彼の特集が紹介された。モスクワボリショイ劇場やNY、また米国のベイル市などの世界ガラ公演に度々出演、風格在る様式美からなる彼の踊りは各国の評論家からも絶賛されている。「ドン・キホーテ」「ジゼル」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「コッペリア」「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」「白鳥の湖」等、殆どの古典の全幕作品のタイトルロ―ルを踊り、バランシン作品、創作作品などの全てに主演している。また彼の為に作られた作品も数多くある。
2012年6年より芸術監督に就任
2014年文化庁芸術賞新人賞受賞

Koichi Kubo
Was Awarded 1st place in Moscow International Ballet Competition at the age of 16 and received a scholarship to America. Danced as a guest dancer in Boston Ballet then joined The Colorado Ballet as a principle dancer. He danced at The Colorado Ballet for 20 years performing principle roles. He was the first Japanese ballet dancer to make the cover of Dance Magazine. He has performed in Ballet Galas around the world such as the Moscow Bolshoi Theatre and New York. Many reviews have said “He has strong technique and is precise in classical ballet.” He has performed principle roles in Don Quixote, Gisselle, nutcracker, Sleeping Beauty, Coppelia, Romeo and Juliet, Cinderella, Swan Lake and Balanchine ballets. He has many ballets that were choreographed on him. In June 2012 he became Artistic Director of NBA Ballet Company.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です