Sergiy Savoschenko

セルゲイ・サボチェンコNPO法人セルゲイ・サボチェンコバレエアートグループ理事長

ウクライナ生まれ。
モスクワ・ボリショイ・バレエ・アカデミーに入学後、マラーホフやラトマンスキーを
育てた名教師ピョートル・ペストフに師事、後に同アカデミーを優秀な成績で卒業。
オデッサ、モスクワ、オーストリア、ドイツ・ハノーバー州立劇場等にてプリンシパルとして
活躍。フランス、イギリス、イタリア、ベルギー、ハンガリー、チェコ、オランダ、
オーストリア、フィンランド、メキシコ、ボリビア、日本等に招待され、数々の国際的な
ガラコンサート等にも出演。

2002年より活躍の場を日本に移し、NBAバレエ団プリンシパルとして活躍。在団中は
すべての公演に主演、ダンス・ノーブルという名にふさわしい安定したテクニックとサポート、
舞台での美しい立ち振る舞いで多くのファンを魅了した。2008年、同バレエ団退団。
現在フリーとして活躍中。

近年はダンサーとしてだけではなく、振付家や教師、またコンクールの審査員としても
日本全国から招待され、そのユーモアあふれるアイディアや、後進を育てる情熱、正確な
指導法が高く評価されている。

2010年NPO法人セルゲイ・サボチェンコ バレエアートグループ設立。理事長を就任する。
2010年8月同団体が主催する第一回横須賀国際バレエコンクールを開催。バレエの普及に努める。

2014年3月文京区千石にSavoschenko Ballet Artsを開校。

<コンクール受賞歴>
1995年  パリ国際バレエコンクール            ファイナリスト
1996年  ヘルシンキ国際バレエコンクール         ファイナリスト
1997年  ブタペスト・ヌレエフ国際バレエコンクール    ファイナリスト

<レパートリー>
白鳥の湖、くるみ割り人形、眠れる森の美女、ドン・キホーテ、ジゼル、ショピニアーナ、
ラ・シルフィード、バヤデルカ、コッペリア、ラ・フィユ・マル・ガルデ、ライモンダ、
ロミオとジュリエット、バラの精、パキータ、シンデレラ、エスメラルダ 等
主演のみならず、キャラクターなどの役も好評を得ている。
また、バランシンやフォーサイス等のモダン作品も多数踊る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です